人生は人間関係でできているー訊いて聴いて聞きまくる男ー

「理想の人間関係を作るには?」「会話力・雑談力を磨くためには?」「自分も相手も幸せになれるコミュニケーションとは?」「あなたの想いを上手に伝える方法とは?」「あなたの本音を伝えるためには?」「”いい人”を止めるためには?」など、【人間関係】+【心】に関することをお伝えしていきます。どんな人にもある、その人だけの想いを引き出す、世界最強の聴き役 HirOがあなたの想いを引き出し、人間関係の問題を始めとするあなたの人生における滞っている部分をスムーズにして差し上げましょう。

「雑談力」=「質問力」

f:id:King-of-Listener:20170407161203j:plain

こんにちは。

HirO(ひろ)です。

本日はこちらの記事を読んで下さって、

ありがとうございます。

 

今日は

「雑談力は質問力」

というお話をさせて頂こうと想います。

 

良ければ読んでみて下さい。

 

先日本屋さんに行きました。

本屋さんの店頭に並んである本の中に

「雑談力」

と表紙に大きく書かれた

ある本を見つけました。

 

それを見て僕はこう想いました。

 

「【雑談】ってなんだろう?」

 

「雑な談(お話)なんて

この世の中にあるのかなー?」

 

っていつもの変態全開の感じで、

僕の中に質問が浮かびました。

 

結構、

雑談って

 

「間を持たす」

とか

 

「沈黙を続けない」

とか

 

それらを目的として

「身につけよう。」って

想う人が多いから、

 

まあこんな風に

本も出版されて

よく売れている

 

ってことだとは想うんですが、

 

「雑談ってしなくていいんじゃない?」

 

って想いました。

 

これを読んで下さっている

あなたもそうですし、

あなたといわゆる雑談をする相手の方

もそうですけど、お互いにとって

これほど無駄な時間はないのではないでしょうか?

 

ただこれは、僕の

「雑談」

という言葉の解釈による

考え方ですので、

お読みいただいているあなたの

意見とのズレは多少ある場合

もあるかなと想っています。

 

「雑談力を磨きたい」

 

という想いの奥には

 

「スムーズにしゃべりたい」

とか

 

「かっこよく話したい」

とか

 

「人間関係を良くしたい」

とか

 

っていう気持ちが

潜んでいるのではないのかな

と僕自身は考えています。

 

そこで、

「雑談力」

 

ではなく

「質問力」

を磨くことを

提案してみようと想います。

 

人は皆

無意識に

「自分の話を聴いてほしい。」

と想っています。

 

それは、現代において

 

自分の話を聴いてくれる人が

あまりにも少ない

とか

 

自分をさらけ出すのが怖い

とか

心理的なブレーキがおそらく無意識的に

働いているからだと想うのですが、

 

本音を話せる人

本音で向き合える人

本来の自分で居られる人

本来の自分で居させてくれる人

 

をこれも無意識のところで

誰もが想っています。

 

おそらくこれを

読んで下さっている

あなたも

「全くない。」

とは言い切れないのでは?

 

この辺りはですね、

無意識ですね。

私たちの「潜在意識」を

うまく使うというか活用

できるようになっていけると

 

何にも悩みや問題っていう

ものはなくなっていきますので、

またその辺りは後々

シェアできたらなと想っています。

 

あなたの人間関係も

どんどんスムーズになっていきますよ。

 

今日は

最後まで読んで下さって

ありがとうございました。

 

HirO(ひろ)